NISAで損益通算ができずシノケンは株主優待が注目

少額投資非課税制度NISAは株式投資の配当金などが非課税になる制度です。これはたいへんに得ですのでぜひ利用したいところです。
なおNISAを利用する時の注意点としまして、損益通算ができないというのがポイントですのでこの点は常に頭に置いておくことが大事です。

損益通算に注意

損益通算と言いますのは、課税される口座を二つ持っているとしましてその一方で利益が出たとします。現在はそれに20%の課税がされますのでその分引かれます。
そしてもう一方の口座では損が出たとしますと、こちらは利益が出ていませんので課税はされませんが、二つ合わせて計算してみますと多過ぎる税金が引かれているケースが考えられます。
こういう場合に損益通算と言いましてあとで確定申告をしますと税金が戻ってくるようになっているのです。しかしNISAの場合は最初から課税されていませんので、他の課税口座と損益通算はできません。
もし仮りにNISAで損が出まして、課税口座と合計してみまして課税が多過ぎるという場合でも、その分税金が戻ってくることはありませんのでこの点は注意します。
ですからNISAでは損が出ないよう配当金が高くなるように最初から投資先を選ばなくてはなりませんが、それと同時に株主優待にも注目します。
例えば製品の詰め合わせや商品券などが贈られますとその分得になるからです。シノケンもその一つでして、500株につき1000円相当のクオカードがもらえます。
なおシノケンでは1000株以上を3年以上継続保有するとそれが5000円相当になりますが、このように長期にわたって保有してくれた株主が株主優待におきましても優遇されることが多くなっています。
年度の途中で売却をしない前提のNISAで、こういう株を購入しておくと最適です。