お金を借りてまで株をやらない!利回りに注意!

株投資を始めようという人に大きなメリットがあるのが少額投資非課税制度NISAです。
投資で得た配当金や分配金に掛かる税金は以前は10%の軽減税率だったこともあるのですが、現在は20%になっています。なお実際はいずれも復興特別所得税が付きます。
10%の時から数字が2倍になったこともありまして高額だという意見も多く、それで少額の投資に限って非課税でよいという制度が作られたのです。それがNISAです。
但し少額の場合に限りますので年間の投資額に制限があり、当初は100万円までで現在は120万円までとなっています。限度額の枠があること自体のメリットは、お金を使いすぎないということです。
株などへ投資を行なう際にそのためにどこからかお金を借りてまでやる人がいますが、そのようなことをしては本末転倒です。

お金を借りないことを促す女性

そうならないように限度を設けることが必要ですので、つまり逆に言いますとNISAの制度はその点プラスに働きます。株の買い方としましては、NISAは配当金を非課税にできるのですから、できるだけ高配当のものを買うのが得です。
どれだけ多く配当金が振り込まれてもすべて非課税だからです。そこで投資の前に各社の配当利回りを計算するわけですが、計算式は1株あたりの年間の配当金の額割る購入した時の株価です。
利回りが高い方がいいのですが、但し分母が購入時の株価ですので、そもそも株価が低い時は計算上利回りが高く出ます。
さらに記念配当などがあった場合はそれも入れて計算しますから利回りの数字が上がります。この点はこれらのほかにも同じようなケースがいろいろありますので、普段から注意しておきます。
利回りの数字につきましては、これ以上なら買いなどと自分で基準の数字を決めておきますとその都度すばやく売買の判断ができます。